ieie - BlogイエイエCLUB会員様向け情報発信ブログ。

関連サイト
事務局からおすすめ
なにがなんでも中古マンション―理想の家探し
なにがなんでも中古マンション―理想の家探し (JUGEMレビュー »)
赤松 珠抄子
現在当社とコラボレーション企画中!!
イエイエ−Club事務局
検索
<< 第1回 〜 新しい日本語 〜 『バレトン』 | main | 第3回 〜新しい日本語〜 『メイク男子』 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
第5回 〜 新しい日本語 〜 『メガ』
 

「メガ」が表す規模 

もはや日常的に使われている「メガ」。メガ盛りやメガ得、商品名や店舗名に使われていることもあります。では、メガが使われるのはどんな時なのでしょうか。

「メガ」とは本来、ギリシャ語で「大きい」を意味する「megas(メガス)」という言葉が語源とされています。今では、「巨大な」という意味や、コンピューター関係の単位で100万倍という単位で使われています。

 数年前からは、特に大きい物や規模を表す言葉として使われています。よく耳にするのは「メガ盛り」。ご飯の量で、大盛りよりもさらに大盛りのサイズ。お店によって異なりますが、ほとんどの場合が数人で分け合って食べて丁度いい量だと思います。

 さらに、インターネットでよく目にする「メガ得」。わけあり商品や処分品などをとても安く販売することです。格安や激安という言葉もよく目にしますが、「メガ得」ともなると、さらに期待してしまいますね。

 「メガ」という単位は世界共通で、海外でもよく使われています。「とても良い」という表現をするときや、メガチャーチ(信仰信者が多い教会〕、メガプロジェクト(橋や道路や空港など大規模な投資事業)など、団体や企業、事業の規模の大きさを表すことが多いようです。

 日本では、こういった単位として「メガ」の使い方も、さまざまな分野に浸透しています。今や新しい単位の一つとして、あらゆるものに使われているといってもいいでしょう。ただ、単なる大袈裟な表現という意味だけになって、その言葉の持つ本来の意味が消えてしまわないように気をつけなくてはいけませんね。

 皆さんの周りには、どんな『メガ』なものがありますか?

 

 メガホンのメガも、同じメガです。
  そしてホンはphone(フォン)=音という意味です。
  直訳で大きい音。納得です。

| イエイエclub事務局 | ちょっとおススメ | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
SPONSORED LINKS