ieie - BlogイエイエCLUB会員様向け情報発信ブログ。

関連サイト
事務局からおすすめ
なにがなんでも中古マンション―理想の家探し
なにがなんでも中古マンション―理想の家探し (JUGEMレビュー »)
赤松 珠抄子
現在当社とコラボレーション企画中!!
イエイエ−Club事務局
検索
<< 今、畳が変わる 〜 和紙畳の世界 | main | 〜家を見直す〜 間取りを書いてみよう。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
キャンドルのある生活

って楽しむ

お菓子や野菜、動物などさまざまな形のキャンドル。火をつけるのが惜しいほどのかわいらしさから、インテリア用として人気が高まっています。香りも本物に近いので、食器棚に飾っても違和感がありません。また、プレゼントとしても人気が高く、お菓子の形のキャンドルとお皿のセットのように一工夫すると、より喜ばれるかもしれませんね。インテリア用として飾る時、季節に合わせて変えてみてはいかがでしょうか?秋はキノコやどんぐり、リスなどの動物を組み合わせ、冬は雲だるまやモミの木、雪うさぎなど。居間や玄関などに飾ると、家族だけではなく、お友達やお客様にも楽しんでもらえます。

どんなものを飾ろうか選んでいる時も楽しいですよ。


る楽しさも魅力
カップ

材料

●パラフィンワックス(ロウの原料)
●顔料(クレヨンを削ったものでもOK)

●型 ●芯 ●箸 ●アロマオイル


お弁当用のおかずカップや、クッキーの型でオリジナルのキャンドルが作れます。家族で作って、くつろぎのひとときに灯してみてはいかがでしょうか?

*作業は必ず新聞の上で行いましょう。テーブルに付くと取り返しのつかないことにも……。

*お子様と作る時は火傷しないように注意してください。

*固まる時間は室温環境などで変わります。

 

器も立派なインテリア

ガラスや陶器に入ったキャンドル。キャンドルを使った後、残ったロウをキレイに取れば、小物やインテリアとして使えます。しかし、ロウをキレイに取るのは難しい。そんな時は、器ごと湯煎にかけて、ロウが柔らかくなコてきたらティッシュでふき取ります。この時水で流そうとすると、また固まってしまうので要注意。また、底の芯が焦げる前に取ると、より簡単に取れます。新しくロウを溶かして、器に入れて固めれば再度楽しむこともできます。

また、キャンドルの芯の層辺だけが溶けて、芯が陥没しまい次に使う時、なかなか火が点かないことはありませんか?それは燃焼時間が短いことが原因。なるべく表面が液化するまで燃焼させて、もし芯が埋ってしまったらカッターで削って芯を出してあげると火を点けやすくなります。


りを楽しむ

アロマキャンドルは香りの癒し効果から人気が高く、使っている方も多いと思います。無香料のキャンドルでも簡単にアロマキャンドルに変えられる方法があるのをご存知でしょうか?火を灯してしばらく待ち、ロウの水溜まりを作ります。その水溜まりにアロマ才イルを数滴垂らすと、アロマオイルがロウの熱で揮発し、いい香りが漂います。この時、アロマオイルに発火性があるため危険なので、必ず一旦火を消してから入れてください。※火には充分注意して行なって下さい。

また、キャンドルの灯を消す時、手で払ったり息で吹き消していませんか?この方法だと白い煙と焦げくさい臭いが残り、せっかくのいい香りも台無し。火を消す時はピンセットなどで芯をつまみ、溶けたロウの中に付けると簡単に火が消えで焦げ臭い匂いがしません。火が完全に消えたら、次使う時のために芯を起こしておくと便利です。

| イエイエclub事務局 | ちょっとおススメ | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |









url: http://ieie-c.jugem.jp/trackback/290
SPONSORED LINKS